FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

射撃について 超おおまか編

射撃と聞いて、ぱっとイメージされるのが多いのが、
飛んでくフリスビーみたいなのをぶち抜くクレー射撃というものですが実際はそれ以外にも多岐にわたります。

射撃には大きく分けて、
・散弾銃射撃(上記のクレー射撃など)
・ライフル銃射撃(エアライフル、火薬銃小口径、火薬銃大口径)
・ピストル射撃(エアピストル、火薬銃)
この3つがあります

散弾銃射撃は主に動く的を標的とした種目が中心です。
しかし、ライフル銃、ピストルに関しては止まった的を標的とします。

そして火薬をつかった銃は20歳からしか所持できません、
中でもライフル銃は競技選手になるか、散弾銃を10年所持し続けないと所持できません。
ピストルに関してはもう所持許可が厳しくてわけがわかりません
しかしエアライフルは18歳から、競技射手としてなら18歳未満でも持てる場合があります

つまるところ学生はエアライフルを撃つしかないわけです。
「じゃあエアライフルってなんだよ東京マルイのエアガンでも買えってことか?」
という話になるわけですが、

競技用エアライフルは装弾数1発の、圧縮空気で金属弾を発射できる銃です

狩猟用のエアライフルはまた違うのですが、狩猟も二十歳からなので置いときます。
どんな競技に使われるかというと10m先の0,5mmの点を狙って撃つ競技です。
これまた驚くことに1時間以上かけて撃ちます。

10m先の0,5mmの点と1時間以上にらめっこするわけです
正気の沙汰じゃないですね。
想像通り尋常じゃないほどの集中力と精密さを要求されます。

それが学生射撃大会での主な競技となるのですが、
日本では射撃人口が少なく、お国柄か、オリンピックも結構強いのですが放映されません
というのも向かい合って戦う、明確な対決というものが射撃には存在せず、
いうなれば自分自身が敵とも言えるような競技なので他人からみた図ではあまり面白くないからというのもあるでしょう

自らやってみて初めて実感できる。
それが射撃というものなのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。